名無し家計簿

名無し家計簿

大学ノートに自分で線を引き、固定費と支出の欄を作り、毎日の支出を書き、週単位で支出は合計をだしておく。(月単位を出すときに計算しやすくする為)収入は、収入の欄と1ヶ月の支出を最後に欄を作り、最後の最後に収入ー1ヶ月の支出=残金という欄を作りました。とてもシンプルなものです。 様々な家計簿があり、はじめはとても迷いました。ノートに自分で作って書くということに決めたのは、書くという動作がとても大切と思ったからです。 毎月欄を作らないといけないのは面倒ですが、ある程度毎日の支出が書けるようになればそれほど苦労することではないと思います。家計簿によって、自分のお金の使い方が見えたり、このまま貯めていけばという希望が見えたり、足りない部分が見えてくると思います。書くことによって、自分で品物の金額を覚え、最安の商品を見つけることにとても役に立ちます。 家計簿は、考え方や使い方次第で、生活の中での楽しみや目標ややる気につながると思います。 節約術

関連記事

  1. 名無し家計簿
  2. テスト